トップ>図書館関係団体>岐阜県図書館協会>  会則・相互協力(岐阜県図書館協会)

会則・相互協力(岐阜県図書館協会)

岐阜県図書館協会会則


   第1章 総 則

(名称)
第1条 本会は、岐阜県図書館協会と称する。
(事務所)
第2条 本会の事務所は、岐阜市宇佐 岐阜県図書館内におく。
(目的)
第3条 本会は、岐阜県内における図書館活動の振興にかかる事業を行い、県民の教養と県民文化の向上を図り、地域社会の発展、産業の振興等に寄与することを目的とする。

   第2章 事 業

第4条 本会は前条の目的を達成するために次に掲げる事業を行う。
(1)図書館活動における運営の近代化、適正化のための研究
(2)図書館活動における相互協力方策の検討と、その実施のための計画の策定
(3)図書館活動全般にかかる調査の実施と資料の作成
(4)図書館活動にかかる講演会、研究会、展覧会等の開催及び援助
(5)図書館資料及び図書館用品の選択、購入等の斡旋
(6)県内における優良出版物の推奨
(7)機関誌その他の印刷物の刊行
(8)県民の読書活動推進に関する条件整備、環境醸成についての方策検討
(9)関係機関団体との連絡提供
(10)その他本会の目的を達成するに必要と認める事業

   第3章 構 成

(会員)
第5条 本会は、施設団体会員及び賛助会員をもって構成する。
2 施設団体会員は、図書館及び類縁施設並びに関係施設等による連合組織のうち、本会の趣旨に賛同するもの。
3 賛助会員は、個人、機関、団体を問わず本会の趣旨に賛同するもの。
第6条 本会及び県内の図書館事業、読書活動推進に功労のあったもの、名望識見のあるものに対し、理事会の議決により名誉会員に推すことができる。名誉会員は、終身会員とする。
第7条 本会の会員は、機関誌の配布を受けるほか、本会の事業に関して諸種の便宜をうけるものとする。
(入会・退会)
第8条 本会に加入しようとするものは、所定の申込書(別記第1号様式)を会長に提出するものとする。本会を退会しようとするものは、書面をもって会長に届出るものとする。
(会費)
第9条 本会の会費は、付則第2号別表に掲げる区分に従い、毎年6月末までに本会に納入するものとする。
(専門部会)
第10条 本会には、必要に応じ、それぞれ専門部会を設けることができる。
第11条 前条の専門部会を設ける場合は、理事会の議決を経なければならない。
第12条 第10条の専門部会の運営細則は、理事会の議を経て専門部会長が定める。

   第4章 役員等

(役員の種類)
第13条 本会に次の役員をおく。
    会 長    1 名
    理 事    2 名
    監 事    2 名
(役員の選出)
第14条 理事は、施設団体の長(第3章第5条第1項の連合組織の長)をもってあてる。
2 会長は、理事の互選により定める。
3 監事は、理事会において選出する。
4 理事及び監事は、相互に兼ねることができない。
(役員の任期)
第15条 役員の任期は、2年とし、再任を妨げない。補欠役員の任期は、前任者の残存期間とする。
(役員の任務)
第16条 会長は、本会を代表し、会務統理するとともに、理事会を招集し、その会議を主宰する。
2 理事は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、理事の互選によってその職務を代行する。
3 理事は、理事会を組織し、重要な会務を審議執行する。
4 監事は、会計の監査を行う。
(顧問)
第17条 本会に顧問をおくことができる。
2 顧問は、理事会の承認を経て会長が委嘱し、会長の諮問に応じる。
(報酬)
第18条 役員及び顧問には報酬を支給しない。

   第5章 理事会

(構成)
第19条 理事会は、理事をもって構成する。
(機能)
第20条 理事会は、この会則に定めるもののほか、本会の運営に関する重要な事項を決議する。
(種別及び開催)
第21条 理事会は、原則として毎年1回定例会を開くほか、必要のあるとき、臨時会を開くことができる。
(招集)
第22条 理事会は、会長が招集する。
(議長)
第23条 理事会の議長は、会長がこれに当たる。
(定足数)
第24条 理事会は、理事総数の過半数の出席がなければ、開会することができない。
2 会長が必要と認めるときは、理事会に監事の出席を、求めることができる。
(議決)
第25条 理事会の議決は、この会則に規定するもののほか、出席した理事の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
  
   第6章 解散

第26条 本会は、理事会において理事全員の議決を得たとき、解散することができる。
(残余財産の処分)
第27条 本会の解散のときに存する残余財産は、理事会において理事全員の同意を得て、本会と類似目的を有する団体に寄附するものとする。
2 この寄附行為の施行に関し必要な事項は、理事会の議を経て会長が定める。

   第7章 その他

(事務局)
第28条 本会の事務を処理するため、事務局を岐阜県図書館におく。
2 事務局に、事務局長及び事務局職員若干名をおき、事務局長は、岐阜県図書館副館長をもって充てる。
3 事務局に関し、必要な事項は会長が別に定める。
(会計)
第29条 本会の会計年度は、毎年4月1日より翌年3月31日までとする。
(会費)
第30条  本会の経費は、会費、寄付金、事業収入その他をもってあてる。
(会則の変更)
第31条  この会則は、理事会の議決によらなければならない。
(会長への委任)
第32条  この会則に定めるもののほか必要なことは会長が定める。

 付則
1 この会則は、昭和46年4月1日より施行する。
2 第9条による本協会の会費は、次に掲げる別表の区分による。
3 平成14年6月19日一部改正。
    平成18年4月1日改正。
    平成20年4月1日改正。
    平成21年4月1日改正。
    平成23年6月22日改正。


別表                単位:円

1.施設団体会員
(1)岐阜県公共図書館協議会年額60,000
(2)岐阜県大学図書館協議会10,000
(3)岐阜県学校図書館協議会10,000

2.賛助会員
(1)団 体 会 員年額2,500
(2)個 人 会 員1,500
(3)そ の 他1,000



別記第1号様式


岐阜県図書館協会入会申込書


    年    月    日  



  岐阜県図書館協会長 様


  岐阜県図書館協会の趣旨に賛同し、同協会へ入会します。



申込団体名(代表者名)又は個人名



所在地又は住所・電話番号





相互協力部会

○岐阜県図書館協会相互協力部会要綱

(設  置)
第1条 図書館活動における各図書館間の相互協力推進のため、会則第10条(専門部会)により相互協力部会(以下部会)を設置する。
(事  業)
第2条 部会は次の事業を行う。
 一 図書館相互協力の方策の検討及びその実施の計画
 二 各種実態調査等の実施
 三 各種研修会、講演会等の実施
 四 その他部会の運営に関して必要な事項
(委  員)
第3条 部会は次の委員で構成する。
部会長1名
委 員
公共図書館    県立 1名   市町村立 2名
大学図書館    2名
学校図書館    高校 1名   高校(司書)1名   小中校 1名
賛助会員    1名
計 9名
第4条 部会長は委員の互選とする。
第5条 委員の任期は2年とし、再任を妨げない。補欠委員の任期は前任者の残存期間とする。

 付則
1 平成19年4月1日一部改正
2 平成20年4月1日一部改正
2 平成23年4月1日一部改正

SNS